協会案内

 

千葉県冷凍空調設備協会

千葉市中央区長洲1-31-1
TEL : 043-227-4016
FAX : 043-224-4671

お問い合わせ

沿革

千葉県冷凍空調設備協会の沿革

1. 設立

設立日
昭和36年10月23日
名 称
千葉県冷暖房設備協会
目的と事業
会員の親睦を図ると共に、関係諸官庁等と密接な連携を保ち、会員の技術向上、災害防止のための研究、関係法令の研究のほか必要な事業を行うと共に業界の健全な発展を目的とする。
組 織
千葉県内に事業所を有し高圧ガス及び液化ガス取締法に基づくガス販売、機器製造許可に関し正規の資格をもつ業者を以て組織する。
役 員
会長1名 副会長2名 会計1名 幹事若干名
会長 山本 賢治

2. 事業・会員の動向及び主な出来事

1 ) 昭和46年
会員数40社
2 ) 昭和51年
(社)日本冷凍空調設備工業連合会・全国28構成団体により発足・加盟
3 ) 昭和56年
会員数79社
4 ) 平成 2年
会員数87社
5 ) 平成 3年
会員数89社
会長 渡辺 三郎 就任
(社) 日本冷凍空調設備工業連合会
常任理事就任
6 ) 平成 7年
協会名改称「千葉県冷凍空調設備協会」
7 ) 平成 7年
千葉県より委託事業を受託
(事業 : 冷凍空調設備工事関係者に係る保安教育講習事業)
8 ) 平成 7年
千葉県高圧保安団体に加入
(千葉県高圧ガス・火薬類保安大会に参加)
9 ) 平成 9年
会員数102社
会長 古世古 収 就任
(社) 日本冷凍空調設備工業連合会
常任理事就任
10) 平成 9年
高圧ガス取締法から高圧ガス保安法に改正
(自主保安の確立)
11) 平成12年
会員数120社
12) 平成14年
会員数129社
13) 平成15年4月1日
千葉県知事より、当協会のフロン回収業務の実績が認められ、フロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律(平成13年法律第64号:通称「フロン回収破壊法」と言われています。)の施行規則第7条に基づく、第一種フロン類回収業者の引渡義務の例外規定(当団体の県下6地区に所在する地区フロン回収管理センターに引き渡されたフロンは法に基づき適正に処理される組織として公認)として認定された。
14) 平成16年1月8日
東総地区フロン回収管理センターが千葉県知事より、フロン回収破 壊法規則第7条に基づき、引渡義務の例外として認定された。
(県内で合計7地区フロン回収管理センターとなる。)
15) 平成21年4月
会員数114社